株式会社NTTデータ グローバル・サービス

株式会社NTTデータ グローバル・サービス

Recruiting

社員紹介

株式会社NTTデータ グローバル・サービス社員のキャリアと現在をご紹介します。

Service Delivery Manager

Service Delivery Manager

コミュニケーションとスピード感を大切にお客様からの期待にお応えしていきます

お客様先に常駐し、サービスデスクとフィールドサービスを提供
私たちの部門ではお客様先に常駐し、ITサービスを提供しています。私が管轄するお客様においては、サービスデスクと現場のフィールドサービスを主に担当。PCやアプリケーションのトラブルなど、エンドユーザーが業務を行う中で発生した不具合について、サービスデスクで電話による一次受付を行い、そこで解決できなかった問題を二次サポートで解決するというサービスを行っています。私はユーザー対応を行っているスタッフや日々の業務をマネジメントしつつ、新たな技術やサービスの提案にも努めています。
潜在的ニーズを先回りしてキャッチし、お客様の業務効率改善に貢献
お客様との信頼関係構築、あるいはサービス品質維持向上のために重要なのは、顧客企業のIT責任者とのコミュニケーション、そしてスピード感です。お客様だけではできないことを敏感に感じ取り、先回りをしてこちらからご提案していく。時にはクレームをいただく場合もありますが、問題点をひとつずつ丁寧に潰し、次の仕事へとつなげていくことが大切だと考えています。実際に、私たちの提案によってお客様先の環境や業務効率が大幅に改善できたと喜んでいただくことも多いのです。PCの導入計画が事前にわかっていたケースでは、あらかじめリソースの準備を進めておくことでスムーズな導入をサポートし、喜ばれたこともありました。
Service Delivery Manager
就職時の決断。グローバル企業を軒並み訪問。最終判断は海外ロケーション
新卒直後に中国に赴任しました。拠点は大連。海外向けのアウトソーシング拠点としてMNCが多く進出してきたときです。日本語、英語、欧州言語。学生時代の専攻が中国だったこともあり希望通りでしたが中国というより思わぬグローバルウエーブを毎日感じました。担当は日本のPCユーザのサポート。海外でのジャパンビジネスです。ここでビジネスマンとして最初の6年間を徹底的に苦労することで経験しました。日本から赴任してくる多くの同僚の中でも私は長い赴任でした。中には1年でキャリアの別選択肢を求めて帰国、転職する人もいました。グローバルビジネスとはこういうものだというイメージが出来上がった時期です。
B2CビジネスからB2Bビジネスへの異動。今のキャリアにつながる時期
6年間のPCサポート、エンドユーザーサポートを経て、某保険会社様のアウトソーシングビジネスに異動になりました。ここでも一大決断してます。日本に帰国するか、新しいキャリアで大連に残るか。結果、4年間の赴任延期して計10年間の駐在生活を送りました。B2Bビジネスで感じたのは顧客とのパートナーシップ。私たちはお客様のIT部門の一員として委託されたサービスを提供するのですがここでお客様IT部門の人たちに助けられるという経験をしたことが今の自分のキャリアステップのベースにあると思います。私とお客様から、私とお客様パートナーとエンドユーザーという体制に変化した時期です。
Senior Consultant

Senior Consultant

同じことの繰り返しはない。
コンサルタントとしてお客様の業務変革を支援する

日本のビジネスからグローバルへ、そしてコンサルタントへ
新卒で入社した会社では、主にソフトウェアの開発、運用の業務に携わりました。プログラミングのスキルを含めてITの基礎知識を習得出来ましたが、日系の会社だったので、日本国内プロジェクトが中心でした。中国人として日本に留学したという武器を活かし、グローバルプロジェクトに関わりたいという思いから、外資系企業に転職しました。そこで、モバイルアプリの日本、中国、欧州におけるグローバル開発のチームリーダーを経験した後、さらなるステップアップとして、ITを武器に経営に近いコンサルに仕事の幅を広げていくために、当社に入社しました。
常に新しいことにチャレンジする環境
当社は非常にチャレンジングな環境です。もともとコンサル未経験で入社しましたが、プロジェクトのサポートから入り、コンサルタントとしての知識や経験を積み上げてきました。入社以来一貫して新しいことにチャレンジする仕事にアサインされ、時にはプレッシャーを感じることもありますが、上司や周囲のサポート体制はとても手厚く、私も絶対的な信頼をおいてチャレンジすることができます。
Senior Consultant
お客様から圧倒的な信頼を得るコンサルタントへ
現在の担当のお客様とは、週に何度も議論を重ね、発見した課題を業務改善へと繋げていっています。また、お客様の中国拠点の業務拡張支援もしており、要件の確認、提案、そして実行と全てのフェーズに携わって、支援をしています。責任の重い仕事ではありますが、これまで様々なプロジェクトで培ってきた経験を武器に、お客様の事業に貢献し、日々自身の成長と、お客様からの信頼を獲得していることを実感しています。
自身と会社の更なる成長に向けて
業務が拡大していくことに伴い、多くの人の協力を得ながら、仕事することが増えて来ています。当社は多国籍で、出身も異なる社員が多く、様々なバックグラウンド、業務へのアプローチ、価値観を持つメンバーと仕事を進めます。マネージャーとしてダイバーシティのあるチームをリードし、さらなる成果を出していくことが次の私のステップです。また私の成長と共に会社も大きく成長、変化をしているので、これまでの経験を基に、サービスの他業種展開、グローバルロールアウト、パートナー戦略等、新しいビジネスモデルの創出を、経営視点を持って進めて行きたいです。
Project Manager

Project Manager

ここには自分が求めるキャリアを築けるチャンスがある

当社に転職したのは、成長できる環境を求めていたから
前職ではITコンサルティング会社に勤務し、お客様先に常駐して開発の仕事をしていました。ただ、プロジェクトに対して自分のアイデアを出せる環境になく、このままでは成長できないと考え転職を決意。株式会社NTTデータ グローバル・サービスなら、いろいろな業務や領域に携わるチャンスがあり、チャレンジできる環境がありそうだと感じたのが決め手でした。現在は、SAPのコンサルティングに技術面から携わり、SAPの導入支援、システムのアップグレード、グローバル展開などを手掛けています。
メンテナンスサポートからグローバル展開まで幅広く携わる
具体的には、発生したシステム障害がバグの問題なのか、トレーニングの問題なのかといった切り分けを行い、問題解決を図るメンテナンスサポート業務を担当。新たにSAPを導入されるお客様が求めている機能と、実際のシステムソリューションがどれだけマッチしているかを分析・把握するフィット&ギャップ分析などを担当。さらにグローバル展開においては、日系企業のベトナム拠点へのロールアウト、米国企業の日本拠点へのロールインに携わっています。国によって商習慣や法律、ルールが異なるため、それを理解し、ギャップを埋める形で導入を図ることが重要となります。
Project Manager
チームを管理する立場へとステップアップし成長を実感
前職ではプログラマー職だった私ですが、当社ではチーム管理を任されるようになり、成長を実感しています。大切にしているのは、日々のコミュケーションの中で、プロジェクトのマイルストーンごとに達成状況をしっかり確認すること。そしてチームワークです。最後までみんなでがんばることで、完了時に誇らしさと達成感を味わえるからです。また自分がいかにプロジェクトに貢献できるかを常に意識しています。あるお客様のアジア・パシフィック展開では、お客様の業務をすべて理解したうえで完成度の高いシステム導入を実現させることができ、大きな自信となりました。
グローバルな環境の中で描ける多様なキャリアパス
今はプリセールスの仕事にも興味を持っています。技術部門から営業部門、あるいはSAPから他の技術部門への異動など、当社には自分の希望に沿った様々なキャリア形成のチャンスがあります。そうしたキャリアや仕事の相談がしやすい雰囲気も当社の良さだと思います。また資料の細かさなど日本らしい文化もありますが、全体としてグローバル感やフレキシビリティがあり、仕事さえしっかりやっていれば有給休暇も自由に取得できます。いろんな意味で一人ひとりに任せる風土があるのも働きやすさにつながっていると思いますね。
Delivery Manager

Delivery Manager

お客様の業務のあるべき姿を描き最適なソリューションをご提案

会計領域のコンサルタントとしてSAPプロジェクトに携わる
SAPにも様々な領域があり、私は会計領域のコンサルタントとしてプロジェクトに関わっています。外資系企業のSAPパッケージのテンプレートを日本へロールイン、あるいは日系企業の海外拠点へのロールアウトに携わることが多いですね。お客様の業務を理解し、理想的な業務の姿・ToBeを描いて、そのToBeのために最適なシステムのソリューションを考えていくことが仕事になります。まずは全体を俯瞰したうえで、プロセスを分解し、“ここにフォーカスすればもっとも効果が出る”という部分に対して優先的に取り組んでいきます。
各業務プロセスにおける情報のつながりに着目し、流れを掴む
物流、仕入、製造、販売など各プロセスで必ず会計へのインパクトがあります。会計と情報の繋がりがある部分を重点的に見ながら全体を把握し、マスタ設定も含めて最適な仕組みを検討していきます。変更点がある場合、情報の繋がりがあるプロセスに影響が出るため、データフローの全体像を理解しておくことが重要になります。最初は小さな課題から入っていくことも少なくありませんが、それを突き詰めていくと問題の根本、整備すべき本質的な課題にたどり着けると考えています。
Delivery Manager
いろいろな人とコミュニケーションしながら仕事ができる楽しさがある
プロジェクト単位で動くため、日本だけでなく海外も含め、いろいろな人とコミュニケーションする機会があります。それはとてもエキサイティングだし楽しくもあります。また英語やSAPといった会社に依存しないスキルを身に付けることもできます。私をはじめ、学生時代にITを専門的に学んでこなかったメンバーも多いですし、特にSAPはパッケージなので、業務を理解してプロセスを考えるということに関しては、入社後のトレーニングやOJTで勉強していけば大丈夫だと思います。ただ、国籍を問わず誰とでもコミュニケーションが取れること、新しいことに前向きに取り組み、乗り越えていこうとする姿勢は求められますね。
外資系とNTTデータグループ、2つの文化がミックスされた強み
当社は前身がIntelligroupというインド系の企業です。そのため外資系企業のコミュニケーションカルチャーとNTTデータグループという日系企業の文化がミックスされた特有の文化を持っており、それが強みになっているともいえます。何でも発言でき、ディスカッションできる風通しの良さ、自分のキャリアの方向性に合わせて、やりたいプロジェクトを主張できる自由さは魅力ですね。また、例えば、家庭の事情に合わせて海外出張の日程を調整してくれるなど、プライベートも重視してくれるので、自分のキャリア形成や日々の働き方の両面でメリットを感じています。
Sales Director

Sales Director

ゼロからチームを作り、チーム力でソリューションセールスの価値を高める

世界をフィールドにお客様と二人三脚で仕事ができる
以前の勤務先ではソフトウェアという“モノ”を売る営業に携わってきたのですが、システム導入やソリューションをセールスすることに興味があり、当社に転職しました。外資系日本法人の仕事というのは、実は日本でだけの仕事がほとんど。でも当社では、日本のガバナンスを効かせながら、日本のお客様と一緒に世界の拠点の仕事ができるのです。アメリカ、ヨーロッパ、アジア、それぞれシステムを統合するのか、エリアごとにやるのか、経営も含めてゼロの議論から始まっていく。まさにお客様と二人三脚の醍醐味が味わえます。
徹底した分析と綿密なアカウントプラン。4年後、5年後を見据えた提案を
お客様の約9割が日本を代表する大手メーカー。マーケティングセミナーの開催、グループ会社との連携などによってお客様を開拓しています。もちろん受注するためにはコンペに勝たなければなりません。勝つために私がスタッフにやらせているのは想定コンペです。競合他社と当社の強み、弱みのマトリックスを描いて徹底的に分析します。次に、お客様のプラン、中期計画、どういう提案を持ちかけるか、さらに4年後、5年後の提案まで計画したアカウントプランを作成。提案依頼を待つのではなく、お客様に課題点を明確化してこちらから提案することを徹底しています。
Sales Director
「どうしましょう?」ではなく「こうしたい!」をロジカルに追求
営業チームだけでなく、プロジェクトに集まる関係者、技術者も含めたレビューミーティングも重視しています。営業担当者は、プロジェクトのメンバーに共有してもらえるビジョンをしっかり描くことが重要であり、それがあればみんなで考え、議論して、みんなの協力や意見をもらっていい提案、いい営業ができると思います。だから、自分一人の力ではなく、チームの力で勝っていこうという思考が大事だと考えています。
海外志向を満たせる環境でチャンスを掴み、チャレンジしてほしい
当社ほどの規模でこれだけグローバルな仕事ができるというのはなかなかなく、しかも基本的にお客様との直接取引です。NTTデータグループというブランドメリットはありますが、それだけに寄りかかることなく自分たちの仕事ができる面白さを味わうことができます。決まったやり方はないので、ゼロから、一緒に仕事がしたい人を集めてチーム作りができますし、技術部門のスタッフもスピーディに動いてくれるので、みんなで議論しなら作り上げていくのは本当に楽しいです。実は今、新規ビジネスを立ち上げようとしているところ。これから入社される方も、当社でぜひいろんなチャレンジをしていただきたいですね。

Contact

to Top